So-net無料ブログ作成

現代の仕組みを解く手がかり [これから日本の話をしよう!]

人生のなかのイベントで、神社にお参りに行くことがある。

その場合、初詣ならドレスコード(?)はないのだろうが、七五三やお宮参りの場合だと、それなりの服装が求められる。


「男性(お父さん)は(ダーク)スーツ、女性(お母さん)はスーツかワンピ」
みたいなことが言われるが、なんだか違和感を感じる。


同じ違和感を、

「スーパークールビズの宣伝のため、公務員がアロハを着た」

というようなニュースを聞いたときにも感じた。


まぁアロハは受け狙いなのかもしれないが(本気か?)、スーツが日本人の“正装”として認識され普及しまくり定着してしまったことは間違いない。
日本人の源流としてしばしば語られる神社においてのフォーマルがスーツなのだから。

もはやスーツは“サラリーマン”だけのものではない。
農家も大工もとび職も、日本古来の場においては、最低ラインの礼装としてスーツを求められる。

日本人なのに。

このすさまじい勢いで普及していった“スーツ”なるものの実態を知るには、やはり本家本元、サラリーマンについて調べるしかないだろう。

うってつけの参考図書がある。


サラリーマン生態図鑑

サラリーマン生態図鑑

  • 作者: アコナイトレコード
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2011/12/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



江戸時代や中世を知るために、鎌倉仏教や儒教などを調べるのと同様に、現代日本においては“サラリーマン”を調べるのがうってつけなのかもしれない。
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 1

高橋 毅

アコナイトレコードの著者2号です。『サラリーマン生態図鑑』のご紹介ありがとうございます。
そんな高尚な切り口ではないんですが、当たり前に思っていることを改めて観察していると見えてくる「面白さ」は企画の出発点です。ネタ本ゆえに、現代日本を知るテキストになりうるかは微妙ですが。
by 高橋 毅 (2012-02-28 01:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。