So-net無料ブログ作成

縄文海進。かつてここは海だった。 [雑談]

私は地面がアスファルトで覆われているのを見ると、時々、どうしようもなく息苦しい気持ちになる。

東京23区は、ほとんどがアスファルトだ。このアスファルトの下には土があり、雨が降れば、本来であればどんどん染み込んでいくはずだ。

アスファルトであっても多少は水が土に届くのかもしれない。
しかし、土に染み渡るはずの水の多くはアスファルトを流れ、水路を流れ、海だか川だかに吐き出されてしまう。


ああ、息苦しい。

大地に感情移入してしまう。

これだけ水の流れが変わってしまって、東京の地下に異変はないのだろうか?


思えば、東京の大地は大きく変貌し続けている。


昔の、例えば江戸時代初期の地図を見ると、日比谷のあたりは入江になっている。つまり海だ。詳しい地形はわからないが、日比谷公園のあたりは海だったんじゃないか?

もっと昔は、もっともっと海が陸地に食い込んでいた。


上野の西郷さんのあたりは「上野山」だが、ここからの対岸は松戸だったそうだ。

松戸といえば矢切りの渡し。


ずいぶんな距離があったんだなぁ・・・。

縄文海進でググってもらえばわかるはずだが、関東は先の“矢切の渡し拡大版”と、茨城の霞ヶ浦あたりの海進で、今の千葉県が島になりかけている。
ずずずいっと海が入り込んでいるわけだ。

その跡というか、鎌倉時代や江戸時代あたりは、その名残が多く見れれたはずだ。川は大きく、いくつもの湖や池や沼や洲があった。

そして、それを埋め立てた。



海には満ち引きがある。

長い歴史で考えてみれば、今はいっときの引き潮のようなものかもしれない。
潮が引いている砂浜の上に土とアスファルトを敷いて家を建てて、知らずに暮らしているようなもの・・・かもしれない。やがて潮が満ちてくることは知らずに・・・。

先の東日本大震災及びその津波のせいで、地形・地名に関する本が多く出ている。というのも、地名の多くは古来から伝わるもので、そこにはその土地の情報が多く含まれている。

地名に隠された「東京津波」 (講談社プラスアルファ新書)

地名に隠された「東京津波」 (講談社プラスアルファ新書)

  • 作者: 谷川 彰英
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/01/20
  • メディア: 新書



この地名が危ない (幻冬舎新書)

この地名が危ない (幻冬舎新書)

  • 作者: 楠原 佑介
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2011/12/22
  • メディア: 新書



地名から歴史を読む方法―地名の由来に秘められた意外な日本史 (KAWADE夢新書)

地名から歴史を読む方法―地名の由来に秘められた意外な日本史 (KAWADE夢新書)

  • 作者: 武光 誠
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 1999/01
  • メディア: 新書


例えば、根岸という地名は海沿い以外にもあるし、洲処(スカ)や洲のつく地名も多くある。
袋がつく場所は水が溜まりやすい場所だともいうし、色々と“崩壊地名”というのもあるらしい。

自分の住んでいる場所、もしくは住もうかと考えている場所について、地名を調べておくのは重要かもしれない。

東京は埋め立てられてできた土地だ。
だから、江戸幕府はペリー率いる軍艦がやって来て、ビビった。海からの砲撃で狙える場所に、江戸城があったからだ。それだけ海が近かった。

それにしても、と不思議に思うことがある。


東京にはたくさんの人がいて、車が走り、建物が建てられている。高層ビルがいくつもある。重たくない?沈んじゃわない?地下水とかなくなって、空洞とかできていない?関東ローム層だっけ?それって柔らかいんでしたっけ?

こんな場所で大地震が起こる可能性、4年で70パーセントだというのだから、それでも平気で過ごしている我々は、ちょっとどうかしていると思う。
タグ:縄文海進
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。