So-net無料ブログ作成

ハロウィンの由来とは!?日本のお盆や節分との共通点は? [これから日本の話をしよう!]


10月31日はハロウィンだ。
ヨーロッパで発生し、アメリカで“子供の大晦日”として大成して日本にも輸入されたこのイベント。日本でもすっかり定着しつつあり、イベントや店の販促でよく使われている。

ハロウィンの説明として、「日本のお盆のようなもの」という言い方を見かけることがある。
確かに、と思う一方で、だがしかし、と感じる部分もある。

そこで、ハロウィンというイベントと日本の行事との類似性・相違点について考えてみたい。

まず、ハロウィンの由来について。
そもそもハロウィンとは、どんな日なのか。


ハロウィンはケルト文化やキリスト教など、少なくとも3つ以上の文化習俗が混合されてできている。
現在のハロウィンは、イベント、つまりお祭りとしてアメリカで花開いた。


よく言われるのが、「ハロウィンとは万聖節(ばんせいせつ)、諸聖人の日の、前夜祭だ」というもの。
これはキリスト教の、主にカトリック教会を中心とした祝日の1つで、聖人や殉教者を記念する日だ。
この諸聖人の日が11月1日、その前日の10月31日が前夜祭であるハロウィンとなる。
ちなみに11月2日は死者の日(万霊節)で、死者の魂のために祈りを捧げる日となる。

ハロウィンのこの日は、魑魅魍魎が私たちの周りを闊歩する日だ。
精霊や悪霊がそこかしこにいる。

だから、悪霊にイタズラされないように、人間だとバレないように変装する。

さて、このハロウィンだが、そもそもはキリスト教の行事ではない。
キリスト教が広まる過程で、他の文化を飲み込む流れの中で合わさったものだ。


では、ハロウィンの起源な何だったのか。
時代は2000年以上の昔にさかのぼり、古代ヨーロッパのケルト人による、宗教行事に由来する。


ケルト人は多神教で、ドルイド教という土着の信仰があった。
ドルイド教では太陽や樹木など自然に対して霊的な見方をし、また輪廻転生の考えを持っていたと言われる。

ケルト民族では、新年の始まりが11月1日。
1年の終わりが10月31日だった。
この日に1年の終わりに感謝し、新年を祝う祝祭「サウィン祭」を行ったが、これがハロウィンの原型だ。


このサウィン祭は、収穫を祝う収穫祭でもあり、また死者の祭りでもあった。
11月1日から新年が始まるが、これは同時に冬の始まりでもあり、日が短くなる暗闇の時期の始まりでもある。
それが死を連想させたのかもしれない。
この日、死の神がその年に亡くなった人々を集め、生まれ変わり先を決めるとされていた。
ゆえに死者が死後の世界へ旅立つために集まり、地上をさまよい歩くとともに、死者だけでなく、悪霊や精霊なども町中を漂う。

この“死者との境界がなくなる日”というあたりが、「日本のお盆のようなもの」という説明につながるのだと思う。それについては後述しよう。


さて、サウィンの祭りでは、前夜にドルイドの祭司が丘に集まり、大きなかがり火を炊く。
悪霊は火を嫌うので、つまりは悪霊を払うための火だ。
そして収穫した作物や動物をささげる。

この捧げ物の動物だが、これは祭に合わせて牛などの家畜を解体して皮をそぎ、その皮を祭りのあいだ身につけていたと言われている。

というのも、周囲には悪霊などがウヨウヨしているわけで、動物の皮をかぶることによって悪霊の目をごまかせるとの考えらしい。動物の皮をかぶるだけでなく、覆面をかぶったり、顔を黒くぬったりもしていた。顔を黒くぬるのは、幽霊や悪霊を表現しているらしい。

それだけでなく、男装女装をするといったこともしていたらしい。
男装女装の意味は、正直わからない。異性に化けても人間とわかり、悪霊の目はごまかせないだろう。この事例はどこかの時点で祭りが変容したのか、あるいはサウィンの日は生死の世界だけでなく、様々な境界線があいまいになる日である、ということなのかもしれない。


ともかく、この変装が後のハロウィンの仮装に繋がる。

ちなみに、ドルイドの祭司の姿は、我々が思い浮かべる魔法使いの姿だったらしい。
それがハロウィンの仮装で人気のある魔法使い・魔女のイメージにつながるのかもしれない。

ところで、サウィン祭について、死者を偲ぶための日でもあった、という説明も目にする。
数百年前には、サウィン祭で家族が先祖のために食事を供えていたという。
しかしケルト人が輪廻転生を信じていたとすると、それはおかしなことだ。
どこかで変容したのだろうと思う。


さて、このサウィン祭に、ローマの収穫祭が融合する。
この収穫祭はローマで11月1日に行われていた、果実の女神ポモナをたたえる日だ。

ハロウィンにはリンゴを使った遊びや占いが多い。例えば、
・たらいなどに水を入れ、りんごを浮かべる。それを口でとるゲーム
・夜中に若い娘が鏡の前でリンゴの皮を向いていると、鏡に将来の伴侶が映る
・真夜中に鏡の前で、後ろを振り返らずにリンゴを食べていると、鏡に(同上)

これらは女神ポモナから来ているのだと思う。
なぜかというと、リンゴはポモナの象徴だからだ。

さらにはキリスト教が混じり合っていく。
7世紀、ローマ教皇ボニファティウス4世が11月1日を諸聖人の日と定める勅令を出した。
諸聖人の日の前夜、オール・ハロウズ・イブ(All Hallow's Eve)が後にハロウィン(Halloweem)になった。

やがてアメリカに持ち込まれ、それまでカブを用いられていたのがカボチャに変わり、現在へと至る。


さて、ハロウィンもしくはサウィン祭について、特徴をまとめる。
①新年の前の祭りである
②収穫祭である
③死者の祭りである(死者が街をさまよう)
④悪霊を払う火の祭典である
⑤様々な文化が混じり合って現在に至っている

ここで冒頭の「日本のお盆のようなもの」というところに戻ると、最大の類似点は③の死者の祭りである、という点になると思う。

お盆はご存知のとおり、祖霊を祀る日本の伝統行事である。
このお盆の期間は、祖霊、つまりご先祖様がやってきて、私たち生者とともに過ごす。

言い方を変えれば、死者があちこちにいるのがお盆であり、私たちは盆踊りを踊る。

類似点は、この死者が周囲にいる、という点だろう。

相違点は、死者に対する生者のスタンスである。

前述のとおり、ケルト人(ドルイド教)は輪廻転生を信じる。
だからハロウィンの日、来るとしてもその年に死んだ者のみで、家族がくるわけではない。
そして悪霊を払うためにかがり火を焚き、変装したりする。
つまりシャットアウトである。

一方の日本。
日本も、仏教という側面で考えると、輪廻転生である。49日を過ぎれば生まれ変わるはずなので、祖霊を迎え入れるというのはおかしい。
しかし、祖霊を、というのはもともと日本古来の信仰で、後から仏教と混同・習合されたわけだ。
お盆にナスやキュウリで作った馬と牛を盆棚に飾る。そして提灯に火を灯す。
この火は祖霊に対する目印で、行きは馬に乗って早く来てもらい、帰りは牛にのってゆっくりと帰ってもらう。
お盆の期間は食事も用意し、一緒に食す。

サウィン祭のかがり火が例を払うに対し、日本の火は迎え入れるために使う。
この霊の対象と、霊に対するスタンスが最大の違いだと思う。

悪霊を払う、とうい点でいえば、それに該当する日本の行事は追儺(ついな)だろう。
追儺とは大晦日の宮中行事であり、鬼やらい、鬼を払う行事である。
つまり節分のことだ。

現在の節分は、立春の前日である2月3日に行う。
昔のこよみでは、2月の立春近辺が新年のはじまりだった。

収穫祭という点で見たらどうだろう?
日本の収穫祭である、新嘗祭はいつかご存知だろうか?

11月23日である。
そう、勤労感謝の日だ。

もう一度、ハロウィン(サウィン)祭の特徴を再掲しよう。
①新年の前の祭りである
②収穫祭である
③死者の祭りである(死者が街をさまよう)
④悪霊を払う火の祭典である
⑤様々な文化が混じり合って現在に至っている

ここに日本の伝統行事を照らし合わせてみよう。
①新年の前の祭りである・・・日本でいう大晦日
②収穫祭である・・・日本でいう新嘗祭(勤労感謝の日)
③死者の祭りである(死者が街をさまよう)・・・日本でいうお盆や正月
④悪霊を払う火の祭典である・・・日本でいう追儺(節分)
⑤様々な文化が混じり合って現在に至っている ・・・日本も古来の民俗や神道、仏教などが混じり合っている

ところで、ケルトのサウィン祭の説明に、動物を供えるということを書いた。
動物を解体し、神に捧げる。

実はこれ、日本とも共通する部分がある。

有名なのは諏訪大社の御頭祭だろうか。
これは凄い光景で、鹿の首や、うさぎの串刺しなどが供えられる。
これが凄い数で、鹿の数は70~80頭はあり、うさぎのあ尻から頭にかけて串刺しにされている。
もちろん現在は行われていない。
こうした動物の生贄については、日本各地で見られる。
詳細は別の機会に書きたいと思うが、農耕の収穫祭と生贄に強い関連性があるとの指摘もある。
であれば、サウィン祭で農作物と共に動物を供えるという点と、類似する点があるかもしれない。


さて。
以上から、「ハロウィンと日本のお盆は似ているが、本質的には異なる」という結論を出したいと思う。
あえて言えば、ハロウィンとは日本のお盆や大晦日や正月や節分などをまとめてやるような行事で、
しかし、死者に対するスタンスが大きく異なる。



ハロウィンでは、
「トリック・オア・トリート (Trick or Treat) 」お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ、
と言って子供たちが各家庭を回ってお菓子を集める。

これの原型は、その後変質したケルト人の習慣
(変装してパフォーマンスしながら各家庭を周り、その見返りとして食糧をもらっていた)
やイタズラ、キリスト教の物乞いの習慣からの発展だと思われる。

子供たちにとってはお菓子の稼ぎ時だが、
日本でも「子供は7つまでは神の子」と言われ、神様へのお供え物をとって食べてもしからないように、
という考え方がありました。
なぜ7つまでは神の子なのか。
それは昔は死亡率が高かったから。
昔の子供にとって、生死の境界はないようなものだったのだな。

神様に近かったわけです。

ケルトを巡る旅 -神話と伝説の地 (講談社プラスアルファ文庫)

ケルトを巡る旅 -神話と伝説の地 (講談社プラスアルファ文庫)

  • 作者: 河合 隼雄
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/07/20
  • メディア: 文庫



図説 ケルトの歴史―文化・美術・神話をよむ (ふくろうの本)

図説 ケルトの歴史―文化・美術・神話をよむ (ふくろうの本)

  • 作者: 鶴岡 真弓
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 1999/08/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。