So-net無料ブログ作成

【途中経過】天才を考察するは、やはり面白かった。 [読書]

2012/11/2追記★読み終わりました。
感想はこちら→【本:天才を考察する】何かを達成することを願う人へ
-------------------------------
少し前に、当ブログの「天才を考察するを考察するか迷う」という記事で「天才を考察する: 「生まれか育ちか」論の嘘と本当 (ハヤカワ・ポピュラーサイエンス)」を読むかどうか悩んでいると書いたが、結局読み始めました。

天才を考察する: 「生まれか育ちか」論の嘘と本当 (ハヤカワ・ポピュラーサイエンス)

天才を考察する: 「生まれか育ちか」論の嘘と本当 (ハヤカワ・ポピュラーサイエンス)

  • 作者: デイヴィッド シェンク
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2012/09/21
  • メディア: 単行本


現在、区切りの136ページまで読んだところ。次からが第2部となる。

現時点の感想を書いておこう。

面白い。

天才とは、生まれか育ちか。

「どっちも重要なんじゃないの?」
「そりゃそうだ。いくら才能があっても、磨かなければ意味ないよね」
「とはいえ、スポーツの世界を見れば、才能が必要なのは一目瞭然だよ」

あなたの理解はこの程度じゃないか?
私は、この程度だった。

環境ももちろん大事。
しかし、一番必要なのは才能だ。
「同じ努力していたって、全員が最高のパフォーマンスを得られるわけではない」。
つまり、才能+環境だと。

本書を読んでいると、その考えを改めざるを得ない。

そう、この部分。
同じ努力していたって、全員が最高のパフォーマンスを得られるわけではない」。

つまり、才能+環境ではない。

これは相互作用、足すのではなく掛け算なのだ。

と言っても、恐らくピンと来ないんじゃないか。
私ならピンと来ない。

かのベストセラー「天才! 成功する人々の法則」で有名になった、1万時間の法則。天才になるためには1万時間必要だという、ちょっと誤った受け取らえ方も正さなければならない。

天才!  成功する人々の法則

天才! 成功する人々の法則

  • 作者: マルコム・グラッドウェル
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/05/13
  • メディア: ハードカバー


詳細は、読了後に改めて書こう。

ただ、子どもを持つ親、子どもの才能を伸ばしたいと考えている親、あるいは大人でも、自分自身で才能を伸ばしたい、(ビジネスも含めて)プロを目指したい、と考える人。

買って良し。いや、積極的に買うべきでしょう。


本書は希望の書か、絶望の書かと言われたら、前者である。
現時点では・・・。
2012/11/2追記★読み終わりました。
感想はこちら→【本:天才を考察する】何かを達成することを願う人へ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。