So-net無料ブログ作成

リーダーの困ったちゃん [雑談]

最近読んだ本に、
小さな会社の社長の戦い方 (アスカビジネス)
という本がある。

小さな会社の社長の戦い方 (アスカビジネス)

小さな会社の社長の戦い方 (アスカビジネス)

  • 作者: 井上 達也
  • 出版社/メーカー: 明日香出版社
  • 発売日: 2012/11/15
  • メディア: 単行本


その中に、「ありえないことをする人も参加してくる」とあり、そこでビジネスの常識の通じない掟破りな人とも戦わなくてはならないとして、倒産覚悟の破れかぶれで突っ込んでくる人の例を紹介している。そして次のように評している。


世の中は利口な人ばかりとは限りません。昔を思い出してください。小学校、中学校のときにかけ算ができない子とか分数がわからない子、簡単な漢字を読めない子、いましたよね。 ビジネスの世界でも同じことなんです。こういうできない子が大人になり社長になっている場合もあります。 一般的に会社に入るには入社試験や面接をうけ合格しなければなりません。昇進するには上司から評価されなければなりません。 しかし、社長だけは法務局に行けばなれるのです。だからおかしな社長もたくさんいます。ですから、あなたの頭脳では理解できないようなとんでもないことやありえない行動をとる社長もいます。 そして結局、彼らは倒産します。しかも、あなたを道連れにして。

かなり辛辣な表現だが、確かにこんな社長はいる。

極端な例かもしれないが、私自身も目にしたことがある。起業したての人で、名刺作成を業としていたのだが、無料で名刺を作っていた。誰にでも無料にするわけでなく特別な人だけに無料にするのだと言っていたが、その対象に出会って5分の初対面の私も含まれていたのだから、“特別な人”というハードルは思いのほか低い。この人は無料のまま仕事を抱え、有料の仕事は受注することなく消えていった。

まあ、その思い出話は置いておいて、なぜ上記の本の内容を引用したのか。

その理由は、北朝鮮の今回(2013/2/12)の核実験を見て、思い出したからだ。

「世の中は利口な人ばかりとは限りません。」

「あなたの頭脳では理解できないようなとんでもないことやありえない行動をとる社長もいます」

「そして結局、彼らは倒産します。しかも、あなたを道連れにして。」

となりの国の場合、世襲だからなぁ・・・。
どこまで突っ走るのか・・・まさに戦々恐々。彼らは私たちの想像の、少し斜め上を行く。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。